ワークショップ たちばな
ワークショップ たちばな

地域住民の方々や学生たちと
一緒に作業したり、交流したりできる場所。

ここでは障がいのある利用者をスタッフと呼んでいます。
スタッフは地域と直接つながりながら、日々成長しています。

ワークショップたちばなでは、焼き菓子やアクセサリー、雑貨などをつくり、施設内の一角で販売しています。最近ではミシンでの作業にも取り組み、本やシューズを入れる布バッグといった入学グッズをつくるようになりました。生地を切ったり、ミシンをかけたり、それぞれができることを分担します。ここには、周辺のお客さまや学生さんが見学に訪れることもしばしば。スタッフは地域の方々と触れ合うことで社会参加への意識が高くなり、モノづくりへのモチベーションにもつながります。できることをこなしながら、時には新しいものを取り入れて、次へと広がる可能性にチャレンジしていきます。

みんなで、それぞれ分担しながらつくっています。

自分らしさは、作業の中から
分かることもあります。

おすすめはスティックチーズケーキ。つくる工程の中には、ナイフでカットしたりオーブンで焼いたりする作業があります。今までは危ないからとそれを支援員が行っていましたが、今年から生産効率を上げるためスタッフにも担当してもらうことに。練習すればすぐに上手になって、職員よりも丁寧にカットしてくれます。これまで知らなかったスタッフの新しい一面を見ることができました。ひとつひとつできることを増やし、美味しいお菓子を今よりもっとたくさん届けていけたらと思っています。

いろんな人と出会う機会が増えることで
生まれる感性があります。
社会と接する喜びをモノづくりを通して感じています。

LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い] 選べる未来があること。
まだつくれていないステージがたくさんあるから。

可能性の枝分かれをつくることも
ひとつの支援だと思っています。

ワークショップたちばな リーダー 滝下未沙さん

文化創出活動の一環として、ここではダンス活動をしています。ダンスの講師を呼んで選抜チームをつくり、スタッフと職員で一緒に踊っています。今はまだ発足したばかりなので練習を重ねて、近い将来はイベントや大舞台で発表できるレベルまで取り組んでいきたいですね。ダンスといってもゆったりとした踊りではなく、スピード感のあるものに挑戦し、みんなで自分たちの可能性を超えていけるようがんばっていますよ。音楽やダンスは、障がいのあるなしに関係なくできるもの。障がいのある人にも、もっとスポットライトがあたる環境をつくっていけたら。新しいステージを経験することで、その人たちの未来が枝分かれし、たくさんの可能性が広がっていくことに喜びを感じます。

募集要項・エントリー