ワークショップ たちばな
ワークショップ たちばな

地域住民の方々や学生たちと
一緒に作業したり、交流したりできる場所。

ここでは障がいのある利用者をスタッフと呼んでいます。
スタッフは地域と直接つながりながら、日々成長しています。

ワークショップたちばなでは、焼き菓子やアクセサリー、雑貨などをつくり、施設内の一角で販売しています。最近ではミシンでの作業にも取り組み、本やシューズを入れる布バッグといった入学グッズをつくるようになりました。生地を切ったり、ミシンをかけたり、それぞれができることを分担します。ここには、周辺のお客さまや学生さんが見学に訪れることもしばしば。スタッフは地域の方々と触れ合うことで社会参加への意識が高くなり、モノづくりへのモチベーションにもつながります。できることをこなしながら、時には新しいものを取り入れて、次へと広がる可能性にチャレンジしていきます。

みんなで、それぞれ分担しながらつくっています。



自分らしさは、作業の中から
分かることもあります。

おすすめはスティックチーズケーキ。つくる工程の中には、ナイフでカットしたりオーブンで焼いたりする作業があります。今までは危ないからとそれを支援員が行っていましたが、今年から生産効率を上げるためスタッフにも担当してもらうことに。練習すればすぐに上手になって、職員よりも丁寧にカットしてくれます。これまで知らなかったスタッフの新しい一面を見ることができました。ひとつひとつできることを増やし、美味しいお菓子を今よりもっとたくさん届けていけたらと思っています。


いろんな人と出会う機会が増えることで
生まれる感性があります。
社会と接する喜びをモノづくりを通して感じています。


LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い]
選べる未来があること。
まだつくれていないステージがたくさんあるから。

幅広く地域の方々に体験してもらい、
驚きや喜びを一緒に感じてもらいたいです。

ワークショップたちばな リーダー 松尾涼平さん

隣接している商業施設の一角に「手作りのお店」をオープンしました。今後は、この店舗が法人のアンテナショップとして機能していくことになるので、焼き菓子や雑貨を作るだけでなく、売り上げを伸ばす工夫、地域に根付かせる工夫、より広域のお客様方へ情報を発信していく工夫を、自分たちで考えていくことになります。花や手作りのPOPで彩りを添え、お客様が何度も足を運んでいただける様なお店づくりを、障がいのあるスタッフと職員でアイデアを出し合って進めていきます。

一方で、スタッフの幅も広がり、行動障がいのある方や、精神的に不安定になりやすい方も増えてきました。そんな方々が無理せず穏やかに過ごせる環境づくりに取り組んでいます。とはいえ、仕切りを設けて区別化するのではなく、スタッフ全員が就労活動を中心にダンスやアートを融合した文化・共創活動などを同じフロアの中で、それぞれのペースで参加出来る場所となることを目指しています。

日々の活動中にスタッフがアイデアを出した雑貨が商品化になることも。もちろんそこに至るまでにはいろんな苦悩があります。いざ作ってみるとなかなか形にならず、どうしたら上手く作れるようになるのか、毎日自分たちで工夫を凝らし形にしていきます。どんなに工夫を凝らしても上手く形にならず、商品にならなかった物も沢山ありました。その中で生まれた雑貨商品を、今度は「ワークショップ」という形に変換し、幅広く地域の方にも体験してもらい、作る工程の難しさ、驚きを一緒に感じてもらいたいと思っています。



募集要項・エントリー