すくらむアート工房こころの色
すくらむアート工房こころの色

表現の可能性は無限大。
ひとりひとりの生み出すものから、
新しい未来がはじまります。

すくらむアート工房こころの色では、小物づくりや音楽活動を行いながら、雑貨や食品などの仕入れ販売をしています。最近では陶芸を取り入れて、オリジナル作品の制作もはじめました。障がいのあるスタッフのコミュニケーションツールとして、自分たちの人生をどう描いていくか。その思いを大切に、共に奏で、唄い、ふれ合って、表現の力を発揮できる環境をつくっています。

最初は1本のドラムスティックから。

ひとりの障がいのあるスタッフの話です。ある日、お昼休みにドラムをたたいて遊んでいました。1本のドラムスティックで何気なくリズムを刻んでいたところ、周りの職員がリズムの良さに着目。そのスタッフはまったく音楽の知識はありません。でも、たたくこと、リズムを刻むことで楽しそうに自分を表現している姿を見て、もっとドラムを練習してみたら? と勧めてみたのです。それから自主的に練習を重ね、今ではいくつもの楽器を自由に演奏できるようになりました。

ここで生み出すものが人の目にふれ、誰かの耳に届き、心で感じてもらうこと。周りを笑顔にしたり、誰かが評価されたりする喜びをみんなで感じたい。表現の共有は気持ちの共有でもあります。

無意識の中にあるものをカタチにして表現していくと、本人たちも気づいていないことを発見できます。みんなのまっすぐな感情と豊かな表情に、周りも思わず笑顔。そこには自然と伝わってくる思いがあります。

表現はそれぞれの人生を演出しています。

LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い] ここで感じ、表現することが、
人生の大切なところにつながっています。

まっすぐで素直な感情は
音楽やつくるモノにのっかる。
それを感じられる面白さがあります。

すくらむアート工房 こころの色 リーダー 山本佑也さん

みんな、どんなことを考え、どんな世界を見ているんだろう? 障がいのあるスタッフの頭の中にあるもの、心の中にあるものがカタチになり、表現された時にその世界を垣間見ることができます。一緒に過ごす喜びや楽しさを感じながら、私たち職員もスタッフと接する中で、誠実であることの素晴らしさを学んでいるのです。みんなただ遊びにきているのではなく、ここは人生の一部。日々の経験を通じて感じたこと、接したことは間違いなく今後の未来の大切なところにつながっています。だからこそ、支援員として中途半端なことはできないし、全力で向き合いたい。他の人にないものや自分たちの可能性を見つけるきっかけをつくることも表現のひとつ。これからも全力で、スタッフの人生をもっと豊かにできる演出、支援をしていきます。

ここにいる人たちから、伝わってくるものが大きい。
だから、私たちも熱く深くつながりたい。

「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、常に心がけているのは、自分を見た時に支援する職員として恥ずかしくないよう、役割をしっかりと意識することです。ここにいる人はみんなまっすぐ。職員も優しくて、障がいのあるスタッフと向き合う気持ちはそれぞれ熱いものを持っています。スタッフの家族とのつながりも深く、どうすればもっといい環境をつくっていけるかを一緒になって考えます。社会参加という考えをもとに活動し、そのひとつひとつがスタッフの生きがいや力になっていく喜びと共に、家族が安心できる未来を感じてもらいたい。それも支援員としての仕事のひとつだと考えています。

募集要項・エントリー