Myself
Myself

支援者をフル活用!
働ける居場所は、誰にでもあるから。

Myselfはこの法人の中で比較的障がいの重い方が通われ、車いすでも快適に利用できる環境を整えています。就労支援としてキャンドルやランチョンマット、ガーゼタオル、コースターなどの雑貨づくりを実施。余暇活動としては専門員によるボール遊びやダンスといったレクリエーションをはじめ、書道パフォーマンスや音楽ワークショップなどの文化活動も行っています。みんな仕事も遊びも一生懸命。時には新しいことを取り入れながら、ここでの時間がより楽しく過ごせるような工夫もいろいろです。障がいのあるスタッフのがんばる姿や元気な笑顔に、支援員も大きな力がわいてきます。

たたく。押す。引く。できる力を発揮して
キャンドルや雑貨・生活用品を
みんなでつくっています。

どんなに重度の障がいがあっても働くことをきちんと支援する。その姿勢に共感していただき、ここに通所しているスタッフたち。たたく、まわす、こわす。こういった行為でもそれぞれの役割として仕事にできる取り組みを行っています。仕事に使う道具は、その人に合わせて職員が手づくり。例えば、握ることができなくてもたたくことができる人には、たたけば切れるハサミを用意したり、ひっぱることが好きな人には、ヒモを弾けば動く器具を使えるようにしたり。キャンドルやガーゼタオルなど雑貨づくりのさまざまな工程に合わせて、それぞれができることを担うスタンスで仕事をしています。就労をすることでやりがいや目的ができ、自分自身の新しい一面を発見する環境も生まれます。

重度のスタッフには、支援員が専用の道具をつくっています。
縫い目の線をひくための器具、引っ張ると使えるハンマーなど
シンプルに作業できるように工夫されています。

豊富なレクリエーション。
働いた後は、おもいきり遊ぶ。

働いた後は余暇活動としてレクリエーションがはじまります。ボールで遊んだり、踊ったり、大きな声で唄ったり、音楽や書道などの文化活動を行い、みんなで思いきりはしゃいで楽しい時間を過ごします。書道パフォーマンスは文化創出活動として新しく取り入れた試み。音楽に合わせて障がいのあるスタッフが7メートルの紙の上に大きな文字を書いたり、好きな色のペンや筆、スプレーなどで、思い思いの言葉を書き綴り描いていきます。カタチにとらわれず、みんなでひとつの作品を生み出す喜びを共有。働くこと、遊ぶこと、体を動かすこと、おしゃべりすること。笑顔に満ちた1日1日がみんなの明日をつくっています。

LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い] 支援者の工夫で、いくらでも超えていける。

視力が低下している人も、メガネという道具があることで見えるようになります。同じように、ここにいる障がいのあるスタッフも何か道具を使って補うことができれば、ハンディキャップを克服し働くことができます。それぞれが自分自身の可能性を超えていける何かが、もっと見つかることを信じて。

いろんな失敗があり、
それをどう克服するかという
挑戦の積み重ねで
今の環境をつくっていきました。

Myself リーダー 平井佑樹さん

いろんな人がいるので、いろんな失敗があります。支援員が考えていることも、なかなかうまくいかないことがあります。しかし、だからこそ障がいのあるスタッフと向き合う時は対等に。それぞれの作業工程に挑戦しながら、自分たちができることを探しています。今は当たり前になっている作業風景も、はじめのうちは何をやっているか分からないほど整理がつかないものでした。でも失敗を積み重ねて、それが他の作業でも役立つノウハウとなり今に生かせています。就労支援としての雑貨販売が、少しでも重度障がいのあるスタッフの工賃になるように。売れないモノをつくるだけではレクリエーションにとどまってしまいます。売れるモノをつくること。支援員も試行錯誤しながら、他の雑貨店などに何軒も足を運んで売れ筋商品を見たり調べたりして、これからつくる雑貨を考えています。自分たちのつくったもので、自分たちの工賃が生まれる。重度障がい者の施設でも、社会参加への道筋があるのです。

募集要項・エントリー