ときめきショップありがた屋
ときめきショップありがた屋

思いがたくさんつまった
お菓子や雑貨が集まっています。

西鉄薬院駅ビルの1Fにある、ときめきショップありがた屋。ここには、福岡市内を中心とした約100の事業所から手づくりのお菓子や雑貨が集まります。それぞれの事業所が年月と研修を重ね、工夫してきた美味しいお菓子がずらり。「いらっしゃいませ!」。店内に入ると元気な声が迎えてくれます。スタッフは、みんな明るくにこやか。「こちらがおすすめですが、いかがですか?」。試食販売では満点の笑顔を添えて、いろいろなお菓子を紹介してくれます。

ひとりひとりの成長が
このお店を支えています。

ある障がいのあるスタッフは、5~6年ほど前までは話すことが苦手でこだわりがとても強く、仕事がスムーズにいきませんでした。1日のタイムスケジュールが少し変わるだけでパニックになったり、モノの整列がズレているとそればかり気になったり、仕事にならない状態に。人と話すことも苦手で、相手の言ったことを繰り返すオウム返しのような接し方でした。しかし、段階をふみながら何度も経験することで、落ち着いて働くことができるようになったのです。片付け、商品のディスプレイ、掃除なども少しずつ覚えていきました。コミュニケーションの取り方も、いろんなお客さまと接する中で会話しながら相手の表情を観察し、話し方を学んで意識が変化。今では自分から言葉をかけて商品を勧め、言葉も選んでタイミングを考えた接客を行っています。仕事を通じてスタッフの日々の成長を感じることができます。

顔見知りや親しいお客さまも増えました。
このお店には、スタッフがつくる
あたたかい時間があります。

障がいのあるスタッフも、働きはじめたばかりの頃は応対がぎこちなかったり、声をかけるタイミングが分からなかったりといろいろ苦労しましたが、今では自分のスタイルに合った仕事を見つけ販売しています。お店に来るお客さまも顔見知りの方が増えました。店内に入るなり、向こうからすぐに話しかけてくれることもしばしばです。時には心のこもった絵手紙をいただくことも。店内にはいつもあたたかい空気が流れています。それは、スタッフがつくってきたもの。当たり前に見えて簡単にはできないこと。まわりにはたくさんショップがありますが、店員とお客さまが親しい会話をしながら笑顔が生まれるようなお店はなかなかありません。スタッフの元気にまっすぐに働く姿勢が、このお店の魅力を生み出しているのです。

ここではそれぞれのスタッフが個性に応じた働き方をしています。
接客が得意なスタッフは試食販売、モノを置くことや数えることが得意なスタッフはディスプレイや片付けを中心に。
できることを、できる人がやる。
ひとりひとりの役割分担が、お店に良いリズムをつくっています。

毎月、イオンモール香椎浜で
出店販売をしています。

毎月、イオンモール香椎浜でお菓子・雑貨のコーナーをつくって販売しています。いつも好評で少しずつ定着していき、月に一度の販売日を毎回楽しみにして足を運んでくれるお客さまも増えました。実際にお菓子をつくったスタッフも参加して販売しているので、自分たちの商品を目の前で買ってもらうことが、みんなの何よりの喜びになります。接客を通してお客さまの表情を見ることができ、そこで生まれるいろいろなコミュニケーションが次のお菓子づくりへの励みになっていることは間違いありません。

LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い] スタッフの働く姿勢が、お店とお客さまをつないでいます。
みんな働く意味をきちんと
自分のものにしているのだと思います。

販売を通して見えてきた心の成長。
それは、私も同じです。

ときめきショップ ありがた屋 店長 松本洋平さん

はじめは別の部署の支援員をしていました。それからありがた屋の店長になり、障がいのあるスタッフと一緒に店頭に立ち、社会参加のための支援員としてお手伝いをさせていただいています。最初の頃はどうしていいのかが分からずに戸惑いもありました。取引施設さんとのやり取りや販売の仕方、スタッフとの連携など、経験のないことばかり。最初の1、2年は仕事の進め方と気持ちが一致しない感じに悩んだことも。しかし、今では売上を増やして工賃を高くすることが、最終的にはスタッフの生活の質を良くするのだと改めて思うようになりました。生活があり、仕事がある。仕事があるから、生活が潤う。社会の中でのサイクルとしてこの流れはひとくくり。ここでも同じように、障がいのあるスタッフが社会で生活するサイクルがあります。一緒に働いていて、私自身も支援員としての視野が広がりました。障がいのある方も、社会と接する場所が大切だとつくづく感じています。こちらが勝手に判断してできるできないを決めるのではなく、実際にやってみると能力を発揮できることはたくさんあるんですよね。そんな姿を見ながら、私も店長としてもっとこのお店を良いものにしていこうと励んでいます。

募集要項・エントリー