菓子工房ぷぷる
菓子工房ぷぷる

はじまりは、1種類のパウンドケーキでした。
今では何十種類ものお菓子をつくれる環境へ。

もともとは名島の民家で、家庭用ハンドミキサーを使ってパウンドケーキをつくりはじめたのがきっかけでした。当初は5、6人で1日10本程度つくるのがやっと。自分たちで情報を集めて工夫を重ねながら、お菓子づくりを続けました。つくったお菓子を置いてもらえるお店を探したり、企業に売り込んだりするようになると少しずつ広まっていき、今では多い日で1日300本以上販売できています。福岡空港や福岡アジア美術館、エフコープ新宮店などの施設やショップでも取り扱い中。お中元やお歳暮用のお菓子としても人気です。

今日は、ここまでできた。
次はここまでできたらいいね。
小さな積み重ねが、この工房を大きくしました。

ここでは、障がいのあるスタッフができることや生かせることを見極めながら、役割分担をしています。例えば細かいことが気になる人はホコリの混入を防ぐ梱包作業を、文字を書くことが好きな人はスケジュールや納品書などの記載を担当。お菓子づくりではそれぞれの工程を分け、スタッフが作業しながら支援員が随時チェックすることで、工程における抜けの回避や衛生管理、安全性を保っています。

リボンが一人で結べるようになった。
挨拶ができるようになった。
配達先で人と話せるようになった。

かけがえのない職場づくり。

みんなでつくったものが広がっていくほど、障がいのあるスタッフの工賃になります。工賃が増えれば、自分の好きなことを楽しむ時間を持つことができます。スタッフそれぞれが社会参加をしながら、地域で暮らせる環境をつくっていくこと。ここでの就労支援は、かけがえのないものなのです。

モノづくりを通じて、社会とのつながりができ、
働く喜びを感じています。
心の成長にもつながります。

みんながつくったものは、カフェ オリジナルスマイるやときめきショップありがた屋で販売しています。モノづくりから社会とつながっています。

LIFE SCENES PHOTO

クリックで画像が拡大します

[共に働く職員の想い] みんなと、ひとりと、共に分かり合える心の輪。

「働く」というコミュニケーションの中で、
次の支援のあり方が見つかると思います。

菓子工房 ぷぷる リーダー 木村菜月さん

はじめは正直言って福祉分野で働いているのか、お菓子屋さんで働いているのか分からず、これが障がいのある人たちの支援になるのか?という戸惑いもありました。福祉や就労支援とお菓子づくりの間に何かギャップを感じたからです。しかし考え直してみると、作業をしている中でいろいろなコミュニケーションが生まれ、そこに大きなヒントがあることに気づきました。伝え方はそれぞれ障がいのあるスタッフによって違います。個性に合った働き方を考えると、自然にスタッフとのやりとりもスムーズにいくようになりますね。スタッフも支援員も一緒に年を重ね、同じ道のりを歩みます。だから、共に経験していくことでその人に対する支援のあり方、次につながる支援のカタチや大切なものが見えてくるのではないでしょうか。

お菓子づくりから次のステップへ。

障がいのあるスタッフはお菓子づくりを通して自分にできることと向き合い、がんばっています。売上も右肩上がりで工賃も以前より増え、自分たちで働いて給料をもらう喜びを知ることができました。今後はお菓子づくりの作業だけでなく、それぞれが生活する上でのマナーや社会的な力を養えるようにサポートしていけたらいいですね。また、効率的に作業を進めることで、余暇をもっと楽しむ暮らし方を実現することができたら。社会参加が根底にあるお菓子づくり。1人ひとりに向き合って、その人が地域で暮らすことができる、より良い環境をつくっていきたいと考えています。

募集要項・エントリー