REPORT
2017.06.27

太平洋展

6月20日(火)~25日(日)にかけて、
福岡県立美術館にて開催されていた
太平洋展を観覧してきました。

わたしたちの法人の利用者さんが出展されており、
本人と一緒にその作品を見に行った次第です。


平日だったためか、人は少なめ。
静かな美術館。ゆっくり見れます。
連休中に長崎で観てきたジブリ展なんて
あまりの人の多さに、ゆっくりと観覧することなんて叶わず、
展示物それぞれに常にたくさんの人がいて、
思わず「人がゴミのようだ!」なんて叫びたくなるぐらい
精神衛生上よろしくなかったのですが、
これぐらい静かで、スペースも確保されていれば
心穏やかに作品を鑑賞できました。
 
 
作者本人と、その作品。
作品タイトルは「KARAOKE」だそうです。
確かにマイクが見えますね。
鍵盤やドラムを叩く少女も見られます。そして羽。
わたしはそれほど芸術に詳しくなく、
上手くコメントできないのですが、
とても独創的な世界観を描いていると思います。
彼女の心が描いた風景なのでしょうね。
この作品もまた、わたしたちが推奨する
アール・ブリュットに通じているのでしょう。

 
他にも、個性的な作品を鑑賞することが出来、
良い刺激をもらうことが出来ました。
いろんな心の風景があるのですね。
 

わたしはモデルかな(笑)
すくらむアート工房こころの色
募集要項・エントリー