REPORT
2017.12.07

フランス芸術研修レポート

10月の終わりごろ、
法人を利用されているスタッフの皆さんと一緒に
フランスへ研修へ行ってきました。

アール・ブリュットの原点であるフランスの、
それこそ生の芸術に触れ、様々な視点からアートを学んできました。

芸術の都、パリ!

凱旋門!

え?ただの観光!?

とか、そろそろ思われそうですが、
12月9日(土)にJR博多シティで開催される
ジャパン×ナントプロジェクトでの関りが深い
ナント市へ向かい、現地の芸術に触れて来ました。

実際の創作の現場にも伺い、一緒に行わせてもいただきました。

音楽もそうですが、文化・芸術に言葉の垣根はないですね。
現地の方々と一緒に創作活動を楽しむことが出来ました。

今回の研修で見て、学んで、得たことを
日々の芸術・表現活動に取り入れていければと思っています。

ジャン・コクトーが言ってましたが、
フランスでは観客であるよりも
舞台に上がりたくなるというようなことも
芸術の都を前にして、
その気持ちがわかりましたね。

自分の手で描いた作品が、大空へ羽ばたいていってもしいものです。

明日へ向かって
募集要項・エントリー